no_29

Paris + Brussels + Amsterdam + Berlin + Frankfurt + etc. 蚤の市、古道具店から連れ帰るものたちと、その旅の時間。

暑い中ありがとうございました。




週末のkrapfenbaumさんでの蚤の市が終わりました。
雨降りの心配をしていたのに、土曜日は特に、これ以上ない位のお天気。
暑い中足を運んでいただいた皆様、本当に有り難うございました。

草臥れた物が好きな方、秤好きな方、ガラス好きな方・・・
私のような「ものずき」な方に出会えて、嬉しかった。
ある時出会って、連れ帰った「物」達はそれぞれ旅立って行きました。
それぞれの場所で、使われたり飾られたりしている事を想像することは、
本当に幸せなことです。

またそんな機会に出会えますように。


  1. 2011/06/27(月) 16:07:25|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

磨き中・・・



今回の蚤の市は、食器を並べたいなと思いつつ、磨いてみたりして、。
そんななか、大好きな形のグラスの底にひびが発見され、漏れないかチェック。
せっかくなので白ワインを。
・・・だって色が綺麗だから。

「アンティークのグラスを普段使いする」というちょこっと贅沢を嬉しく思っていたら、
昔仮住まいさせてもらった、骨董商の大家さん(たまたまですが、。)のお部屋にあった古物たちを思い出した。
アジアンなもの、西洋のもの、色のあるもの、いろいろあって、部屋も綺麗とは言い難いのだけど、なんだかとっても素敵な部屋だった。

バカラのアンティークだとか、明らかに戸棚に飾るものではなくて、
程よいアンティークが好き。
「アンティーク」というと、なんだか使えなくなってしまうから、集めるものは、
アンティークではなくて、「古物」

それから、たいてい揃いのものではないから、自分の気に入りのものを
一つ、自分専用にして、一人の時間にこっそり楽しみたい。。


  1. 2011/06/24(金) 14:42:55|
  2. もの|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

準備と整理

来週の蚤の市に向けて、準備と整理をしています。

磨きながら、自分で欲しくなってしまうのがカフェボウル。
フランスで、知り合いがお土産にくれた少し形の違うカフェボウルを
使っているので、なんとなく新調していないのだけど、やっぱりこのシンプルな形、いいな。
白のボウルで朝たっぷりのカフェオレ・・・を想像しつつ。

そう、カフェボウルは磨くもの。グラスも、。
でも、金物系(銀のプレートとか、ブリキの箱とか)は、磨かないもの。
銀器を磨くクリームはとてもすごくて、何十年も重ねてきたような黒い
くすみを綺麗にしてくれるのだけど、あんまりぴかぴかは好きでなくて、。
飾ったりするのであればくすんだ感じがいいと思うのでです。
その方が、なんだか懐かしい感じがするから。
・・・磨く作業、好きなんだけど。じっと我慢。



  1. 2011/06/21(火) 23:17:32|
  2. もの|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

cafe



3ヶ月ぶりの、nu-cafeごはん。
いつも季節のお野菜を丁寧にしつらえた、気持ちのいいご飯。
ばらのジャムをソーダで割ったかわいいロゼ色のアペリティフと一緒に。

朝出来たての苺とラベンダーの真っ赤なジャムまで♪

                      

          
これからのこととか、いろいろ話しながら、自分の行きたい方向を再確認するいい時間。
自分の方向にしっかり向き合っている人と会うと、自分についても整理される。

そんな中、来週久しぶりにkrapfen baumさんの蚤の市に参加させていただくことになりました。
ヨーロッパの蚤の市を思い出すようなざくざくした感じの楽しい時間。
東欧の古い物と、西欧の古い物が集まります。
さてさて、荷造りしなくては。


  1. 2011/06/16(木) 09:48:52|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0